むしろこっちが人生相談したい気持ち満々のコラム、「池谷のぶえの人生相談の館」です。

このコラムも、先月無事に10回を迎えました。
このコラムの前には、「池谷のぶえの国語、算数、理科、社会。」、もっと前には、「贋作 女優/池谷のぶえ~涙の数だけ、愛を知る」を連載。

何年にも渡ってとりとめもないことをつらつらと綴ってきたわけですが、なんとついに、その1本が単行本化されることになりました!

単行本「贋作 女優/池谷のぶえ~涙の数だけ、愛を知る」
3月に、(株)えんぶから発売!

そしてその勢いに乗っかって、1000年に1度出るか出ないかの妙なヤル気が湧いてきて、出版記念イベントを開催することにしました。

池谷にあるまじき、すごいヤル気でしょ!?
ということでまずは告知!

__________

雑誌「えんぶ」のWEBサイト、「演劇キック」のコラムコーナーで、2013年から約1年半連載していました、「贋作 女優/池谷のぶえ~涙の数だけ、愛を知る~」が、単行本となって出版されることになりました。
私の生い立ちから、演じることがお仕事になった近年までを綴った半生記です。

出版を記念して、この際、自分のまったく興味がないことや、自分のやりたいことばかりを詰め込んでお祭りをしてみようと思います。

初の自作自演ひとり芝居(まったく興味がない)、
公開人生相談(あまり興味がない)、
ゲスト・ブルー&スカイ(ふつう)、
歌(少し興味がある)、
獅子舞(とても興味がある)、
などを予定しています。
ちょっと並べてみただけでも、恐ろしい企画ですね。

なのでどうか、池谷に興味がない方はくれぐれもいらっしゃらないでくださいね。
苦痛だと思いますので。

お酒を飲みながら、1時間くらいのゆるいお祭りになる予定です。
会場では、「贋作 女優/池谷のぶえ~涙の数だけ、愛を知る~」サイン本の販売もいたします。
どうしょうもなく魔が差したり、お金の使い道に迷っていたりしたら、ぜひいらしてください。
                                                   
日  程:3月20日(火) 開場18:30/開演19:30
料  金:2,000円(1ドリンク込み)
予約受付:2月15日(木)18時より
     風知空知メール(先着受信順整理番号付き)にて受付
     yoyaku@fu-chi-ku-chi.jp
     ご希望公演名(池谷のぶえイベント)、日時、お名前、枚数(4名様まで)、電話番号を
     必ずご明記の上、上記メールにお申し込みください。
会  場:風知空知
     東京都世田谷区北沢2-14-2 JOW3ビル4F TEL 03-5433-2191
     小田急線・京王井の頭線「下北沢駅」南口徒歩3分
__________

もうほんとに、私のヤル気も次に見られるのは1000年後になるわけですから、私でさえ、生きているうちはもう二度と見ることはできません。
卒業シーズンですし、どうしょうもなく人恋しくなったら、ぜひいらしてください。

さて、そんな今回は、「池谷さんの女優半生記を書いてごらんなさい」と「贋作 女優/池谷のぶえ~涙の数だけ、愛を知る」連載の扉を開いてくれ、それを単行本にまでしてくれようとしている奇特なお二人、(株)えんぶの坂口真人さんと矢崎亜希子さんからのご相談です。

*****


池谷さん、お世話になっております。

この欄の依頼主が、ご相談を依頼してよいものかとも思いましたが・・・、ご相談です。



1)僕もいい歳になり、周りの方々に心配していただくことが多くなりました。咽せれば→誤飲? 物忘れすれば→呆け? つまずけば→グルタミン? この前はついに電車で席を譲っていただいてしまいました。本当にありがたいことではありますが、けっこう嫌です。どうしたらいいでしょうか?



2)そんなわけで、前職を含めると40年近く社長をやっております。が、少しも儲かりません。なんとか儲かる方法はないものでしょうか? ちなみに現在は(株)えんぶを運営しており、出版とインターネット通販を生業としております。社訓は「武士じゃ無いけど、武士の商法」です。



3)時事ネタでひとつ。オリンピックというイベントにどうもなじめません。クーベルタン男爵は「オリンピックで重要なことは、勝つことではなく参加することである」と言っていたような・・・。そして「アマチュアの祭典」とかのフレーズもあったかと思います。いつの間にか真逆ですもんね。スポーツは好きなのですがどうしたらなじめるでしょうか?

坂口真人さん((株)えんぶ)



*****

1)についてお答します。
心配してくれるのはありがたいが、いちいち心配されるのは嫌だ…ということですね。しかし私も、もし身近に坂口さんがつまずいたりしたら、「グルタミン飲んだ方がいいんじゃないですか?」とか、ついつい口にしてしまうかもしれません。
それはなぜか。坂口さんが話しかけやすい雰囲気があるからです。
もし、グルタミンなんて言ったら絶対怒られる、もし席を譲ったら絶対怒られる…そんな雰囲気の人を、周りの人はいちいち心配しません。心配=身の危険だからです。
ということは、常に周りを危険な目にあわせそうなビジュアルになることが、いちいち心配されない一番の近道です。
手っ取り早い方法としては、タトゥー、葉巻、サングラス、革ジャン、スカル系のアクセサリー、背中には日本刀、そして常に狂犬を同伴させる。
また別のジャンルでの心配はされると思いますので、その時はまたご相談ください。



2)についてお答えします。
武士の商法ということで、実際の武士がどれほどの儲けだったのか調べたところ、武士にもさまざまな階級があって、儲からない武士たちは副業として、金魚や鈴虫やコオロギなどの養殖、傘張や提灯や凧作り、朝顔やツツジの栽培などを副業として行っていたそうです。
副業という概念をどこまでとするかにもよりますが、少なくともコオロギの養殖などをしなくとも、演劇をバックアップするお仕事で40年間続けてこられていることは、すごいことではないでしょうか。

そして、武士の心得も調べました。

・嘘を言わない。
・利己主義にならない。
・礼儀作法を正す。
・上の者にへつらわず、下の者を侮らない。
・人の悪口を言わない。
・約束を破らない。
・人の窮地を見捨てない。
・してはならないことをしない。
・死すべき場では一歩も引かない。
・義理を重んじる。

これをすべて守れる武士たちって、とても素敵な方たちだったのですね。
武士と結婚したいくらいです。
しかし、素敵な方たちが必ずしも裕福にならないのが人間世界の闇です。

こんな素晴らしい生き方をしていたら、儲かるわけがありません。
といいますか、儲けようなんて思わないのが武士なのかもしれません。

少なくとも私は、人の悪口とか絶対言いたくなりますし、悪口言っちゃだめなくらいだったら儲からなくとも、思い切り悪口を言いながらつつましやかに生きたい。
なんとなく、坂口さんもそんな方面なのではないかと思ったりもしますが…。
儲かるには社訓を、「武士だけど、武士じゃない商法」にしないといけないのかもしれません。



3)についてお答えします。
オリンピック、多くの方々は楽しみにしているのでしょうね。
私なぞは、そもそもスポーツにもあまり興味がありませんし、人が大勢集まるイベントも苦手ですし、数年後に東京で開催されるオリンピックになじめない自信がたっぷりあります。
演劇の界隈でもそんな話が出てくることがよくあります。そこで思うのは、数年後の東京オリンピックと全く同時期に、ナンセンス・オリンピックを開催するのはいかがでしょうか。自分がなじめるオリンピックを生み出すのです。
劇団時代にやっていた、おでこに10円玉を張り付けて落ちないようにする競技、髪の毛だけでボールをゴールさせる髪の毛サッカーなど、いろいろなナンセンス競技があります。
開会式は動物だけが出て、閉会式は赤ちゃんだけが出る。
聖火ランナーは、火以外なら何を持ってもいい。
どうせ、正式なオリンピックを大好きな方々のパワーに勝つことはできませんし、そんなに簡単に興味を持つことなどできません。
それならば、現実逃避が一番近道です。
坂口さん、ぜひ(株)えんぶでプロデュースしてください。


わあ! 今回はずいぶんと大量コラムになってしまいましたので、矢崎さんのご相談はまた次回にじっくりと!


ラッキー待ち受け
IMG_4752
私なら、聖火のかわりにこれを持って走ります。おのずとリスが着いてくるでしょう。そのまま開会式に連れて行けますし、なんといってもかわいいです。

■(株)えんぶさんの今後の予定
3/9 雑誌「えんぶ」4月号発売。
3月下旬 単行本「贋作 女優/池谷のぶえ~涙の数だけ、愛を知る」発売。


【筆者プロフィール】
pro_iketani 
池谷のぶえ
いけたにのぶえ94年より04年の解散まで劇団「猫ニャー」の劇団員として活動。解散後は、ケラリーノ・サンドロヴィッチ作品、NODA・MAP、蜷川幸雄演出作品など数多くの舞台に出演。

[出演情報]
【テレビドラマ】 
毎週金曜23:15~
テレビ朝日 金曜ナイトドラマ「ホリデイラブ」



えんぶ9号ラインナップ


kick shop nikkan engeki