むしろこっちが人生相談したい気持ち満々のコラム、「池谷のぶえの人生相談の館」です。

先月は、「贋作 女優/池谷のぶえ~涙の数だけ、愛を知る~」出版記念イベントを無事開催することができました。
ご来場いただいたみなさま、お気にかけていただいたみなさま、ありがとうございました。

獅子舞…あんなにみなさんが獅子舞好きとは思っていませんでした。まるでアイドルが登場したかのような、獅子舞に対する黄色い声援。生まれ変わるなら、獅子舞でもいいかもしれない…そのくらい、獅子舞に対する場内の熱気を感じました。
そして、いざ獅子舞の中に入ってみると、無性に人を噛みたくなるものですね。
できれば、全員を噛んで回りたかったですが、それだけでイベント予定時間が終わってしまうので、次回は噛むだけに集中したイベントも考えたいと思います。

鈴木雅之氏…鈴木雅之氏のことも、みなさん愛を持って受け入れてくださいましたね。改めて、氏の偉大さを実感しました。

ゲスト:ブルー&スカイ…私とブルーくんの組み合わせなんて、どちらもモゴモゴしているのでトークが盛り上がるはずもなく、清水の舞台から飛び降りる的なゲスト選択でありましたが、私の演劇半生の出版イベントである以上、ブルーくん以外のゲストは考えられませんでした。いいことなのか、悪いことなのかはまだまだわかりませんが、人生が大きく変わるきっかけはブルーくんとの出会いだったのでしょう。トークなんて苦手でしょうに、2回も一生懸命しゃべってくれて、本当にありがとう。

ひとり芝居…まったく興味ないまま台本を書きはじめ、まったく興味ないままお稽古し、まったく興味ないまま上演。お芝居ってやっぱり、人と創りたい…と、改めて思いました。それと同時に、ひとり芝居をやり続けている方を尊敬しました。
ひとり芝居を締めくくるために、憧れていた白塗りと、「リトル・マーメイド」のミュージカルを無理やりくっつけて、なんとかモチベーションを保てた感です。

公開人生相談…イベント構成時間の関係上、まったく落ち着かないまま、みなさまからいただいた大切な人生相談に片手間で答える…という失礼なコーナー。ほんとうにごめんなさい。

中島みゆきさま「誕生」…カラオケ以外の広いところでみゆきさまを歌いたい…という長年の欲求が満たされました。運命的にも、宿敵・父の誕生日にイベントが開催できたこともあり、「誕生」という歌の題名にいろいろな意味が出来てしまいましたが。

なにはともあれ、お客さまとともに共有できた人生のひとときは、とても暖かく、パワーをもらえた時間でした。
こんな、池谷のような人間でも、見守ってくれる方々がほんとうにいたのだなぁ…というのを、目の前に現実として実感することができたこと、感謝しかありません。ほんとうに、ありがとうございました。

そして、宿敵・父の誕生日を私なりに祝ったつもりだったのに、2回目の公演登場時に派手に転倒し捻挫したり、翌日に早朝ロケが入ったり、ロケ先が大雪で帰りの高速バスがストップしたり…すべて、宿敵・父の仕業だと受け止めようと思います。

さらに、最後に特大の失態がございました。
当日みなさまからいただいた、公開人生相談用紙が、片付けの際のバタバタが原因か、どこにも見当たらないのでございます…。
改めてこのコーナーできちんとお答えしますからね…と言っておきながら…ほんとうに申し訳ございません!
宿敵・父の仕業にしたいですが、こればっかりは私の責任です…土下座です。

イベントで人生相談いただいたみなさま、このコラム下のコメント欄に人生相談をいただけましたらご回答しますので、お待ちしております。

そんな中、2枚だけ発見された人生相談用紙にご返答させていただきます。

*****

今度、転職するのですが、最近見たニューロティカ(ヴォーカルさんは53才なんです)というバンドを見て、こういう仕事いいな! と思ってしまいました。50過ぎても好きなことやれてうらやましい! しかし、結婚もしてない独身女。どこへ向かったらいいのでしょう…。

エノッチさん

*****

キラキラしているものに出会えるって嬉しいと同時に憧れますよね。
でもエノッチさんはもうすぐ転職を控えていらっしゃるようですし、まずはそちらのお仕事に向き合ってみるのがいいかもしれませんね。といいますか、もうイベントから1か月くらい経ってしまっているので、もうがっつり向き合っていらっしゃる頃かもしれないですが。
意外と、自分にとってはキラキラしていないものの中に、人生の伴侶となる要素が隠れていたりするような気もします。
転職先がエノッチさんの「好きなこと」が、少しでも感じられる場所であることを祈っています。


*****

はじめまして。私は東京出身の40手前の女の子です。
地方に十年弱、結婚を申し出てくれた人を待たせてます。
この間、その人の母親にズタズタのケチョンケチョンに文句を言われました。
でも最近ステキな人に出会いました。

「内密に…」さん

*****

十年弱、結婚を待ってくれている方がいらっしゃるなんて!
私なんかからしたら、それだけでもう十分幸せな人生なんじゃないか…と思ってしまいますが…。
内密に…さんにとっては、十年弱待っていただいても踏み切れない何かがあるのでしょうね…そんな時に、お母様からの言葉の数々…そして、ステキな人との出会い…客観的に見ると、完全に人生の岐路に立っていらっしゃるように思いますが、十年弱待ってもらえている方とお母様のことがあったから、最近出会った方がよりステキに感じる場合もあるかと思います。
今後ステキな人とどうなるにせよ、十年弱も待ってくれている方にはなんらかのいまの想いをお伝えした方いいですね。お母様の件も、何かのきっかけなのかもしれません。
大変だとは思いますが、うらやましい状況ですね。よき方向に進みますよう。


ご相談をいただくと、なんとなくいまが岐路…みたいに思えてくるから不思議です。
なんとなく、人と人がそうしたものを交わし合う時って、大きな岐路ではないにせよ、きっと何かいろんな方向を知りたい時なのかもしれませんね。

私も、そろそろなんとなく岐路がほしくて、今回のようなイベントを企画したということもあります。

岐路…無理やりにでもほしい時ありますよね。
最近、事務所に新卒のマネージャーさんが入社して、彼女曰く「毎日トイレ掃除したら、1週間で出会いがありました」というのを聞いて、2月半ばからトイレ掃除を続けること約2か月…出会いなんて1mmもありません。
ひとり飲みができるようになった…という、ますます寂しい扉だけが開きました。
あとは、トイレがピカピカになっていくばかりです。トイレが人生の伴侶だというのでしょうか…。

そろそろ、くじけそうな春です。


ラッキー待ち受け
IMG_0437
獅子舞と鈴木雅之氏と池谷のコラボショット。
よく考えたら、こんな女と出会って下さる方がいるはずがありませんね。
トイレ掃除もほどほどにしていこうと思います。

■イベントで人生相談いただいたみなさま、下記コメント欄に人生相談をいただけましたら次回コラムにてご回答しますので、お待ちしております。
〆切:4/30(月)


【筆者プロフィール】
pro_iketani 
池谷のぶえ
いけたにのぶえ94年より04年の解散まで劇団「猫ニャー」の劇団員として活動。解散後は、ケラリーノ・サンドロヴィッチ作品、NODA・MAP、蜷川幸雄演出作品など数多くの舞台に出演。

[出演情報]
【テレビドラマ】 

【映画】
2018年5月19日(土) 公開
「モリのいる場所」(監督:沖田修一)


池谷のぶえ単行本販売中!
kick shop nikkan engeki